] 落語大好き一家の日記 ・・・毎度馬鹿馬鹿しいお笑いを! ただの日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今朝は、ちょっと良い気分でした。
ま、朝一番に落語番組の録画を見せられて(笑)
それが、なかなかいい感じだったので。

「甲府い」 柳家小三治:落語入門 東京・上方、笑って楽しく

ちょっとしたことが一日の調子を左右するもんですね。
毎日、良い落語を観てから活動開始、だったら、
もしかするとものすごいことになるかも(笑)・・・なんて。

ま、そんな事ばかり言ってる場合じゃないか(笑)

変なニュースを聞くより、つまらない新聞記事を読むより、
落語の一つでも聞いた方がずっとまし、ってのは、間違いねえな。

とかなんとか。

居眠りしているのが一番幸せ、なんてのが本音だったりして、ね(笑)


スポンサーサイト


FX、なんて物にちょっと興味が出て、

少し勉強してみようか、なんて本屋を見てみると、

FX関連の書籍や雑誌がたくさんあるのにびっくり。

人間って、やっぱり自分の興味のある物しか見えないようにできているんだね。

これだけある物に今まで全然目が行っていなかったんだから。


もともと投資なんて物には興味がなかった。
何だか株とか先物取引とか、
ちょっと博打みたいな危ないイメージもあったし、

それに為替というと・・・

どうもね今の世界の経済の元凶は有り余った金で株や為替、原油などの資源や穀物なんかの価格を弄んでいるアメリカを始めとした欧米の金融資本やらオイルマネー、暇をもてあました大金持ちたち・・・なんて気がしていて、

だいたい工業を始めとした生産性のある産業がみなダメになったアメリカが最後に残ったのが金融、

日本に対してグローバルスタンダード、なんて色んな事を押しつけてきたのもみなその力を維持するためだったわけで、

ついにその最後の綱も崩壊・・・


これからどうなるんだろうね。

いずれにしたって汗水垂らすことを忘れた奴らに未来なんかあるもんか、

とかなんとか。

ま、そんなことはどうでもいいことなんだけど、

外国為替なんていうとそんなアメリカの傲慢さのイメージが強くて、さ。

だいたい貨幣が商品になっているっておかしくない?

貨幣の価値ってそんなに上がったり下がったりして良いものなのかな?・・・なんて。


でも・・・

最近、FXって結構稼げるよ、って人から教えて貰っちゃって。

それでFX取り扱い会社のオンラインのデモ口座ってのを作って試してみたら、

これが面白い(笑)


確実に儲かるかどうかはまだ何とも言えないけど、

ちょっとしたゲームなんかよりずっとスリリングで楽しいんだ。



これはちょっと勉強しなくちゃ。

投資のイメージが、とかアメリカがどうのとか言ってる場合じゃない(笑)

現実に稼げりゃそれ以上言うこと無い物ね(笑)



それにしても本屋のあの状況。
今はやっぱり一種のFXブーム、なのかな。

そう言えば、今世界のプロのトレーダー達を悩ませているのは、

オイルマネーなんかより、「ミセスワタナベ」さん、とか着物トレーダーとか呼ばれる人達なんだって。

(「ミセスワタナベ」って言っても渡辺さんとかの個人名じゃなくて、ね、日本のごく普通の主婦たちを中心にした無数の素人個人トレーダーをさしているんだって。一人一人は小さな金額を動かしているだけでも、数が多くてトータルするとそれなりの影響力を持つくらいになるらしい。しかもなにしろ素人なので、どう動くのかまったく読めない(笑))

と言うわけで私ももう少ししたら素人トレーダーとしてFXデビューしようかな、なんて。

さて、吉と出るか凶と出るか・・・

乞うご期待。(誰も期待するわけないね(笑))

 幸せでいることができれば、人生は豊かになる。誰しもがそう思っているだろう。しかし、最近の研究で、ある状況では幸せや嬉しさを感じることが、悪影響をおよぼすことがあるということがわかった。イギリスの専門誌「Developmental Science」に報告された研究によると、幸せや嬉しさ(happy)を感じている子供たちは、算数の図形問題の成績が低いというのだ。

幸せな子供は算数の成績が低いとの研究発表 - Ameba News [アメーバニュース]



モーツァルトの曲を聞いた子供たち=「happy」を感じる=幸せな子供、と言う等式が成立するのか、とか、

図形問題の成績が低い=算数の成績が低い、なのか、とか

この記事のタイトルのように結論づけるにはずいぶん無理があるような気はしますが(笑)

ま、気持ちが盛り上がっているときは、往々にして注意力が散漫になることが多いので気をつけましょう、って、それくらいのことではないのかな(笑)


何のための研究かは知らないけど、きっとこういう調査を繰り返すことで分かってくることもあるのでしょう。

それにしても、これだけで、幸せな子供は算数の成績が低い、なんて言い方はどう考えても無茶だ(笑)

きっとこのタイトルつけた人はそうとうに「happy」な人に違いないね。

昨日、久しぶりにシュークリームを食べたんだけど、これがけっこう美味しかった。

ふんわりしたシュー皮の中に、
真っ白くて、柔らかいクリーム。

このクリームがあまり甘くなくて、
口に入れた瞬間から、新鮮な牛乳の風味がふわぁっと広がる感じで、

あっ、これならいくつでも食べられそう。

ちょっと幸せな気分(笑)



それが『十勝牛乳をつかったシュー』

これ、遊びに来た友人が、
「お土産!」って持ってきてくれた物。

「帯広まで、遊びに行ってきたんだけどさ、そこでセブンイレブンに入ったら、『帯広地区限定発売』って書いてあったんで思わず買ってしまった(笑)」のだそうだ。

帯広・・・十勝と言えば、北海道の中でも有数の酪農王国。
その十勝で、地元の人に人気の牛乳をふんだんに使ったクリーム、なのだそうだ。

まあ、店の売り文句を鵜呑みにするわけではないが、

このクリーム、なかなかいけるね。



それにしても、最近はコンビニもけっこう商品開発とか頑張っているみたい。

コンビニの商品か、って馬鹿にも出来ないんだね。



と言うわけで、
これはこの記事を読んでくれたあなたにも味わっていただくことは出来そうにありませんが・・・(笑)

ああ、美味しかった!


気になる方は調べてみる?
セブン-イレブン・ジャパン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。