] 落語大好き一家の日記 ・・・毎度馬鹿馬鹿しいお笑いを! 彦八まつりにいらっしゃ~い!」…映画で上方落語界オールスター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


桂あやめ 映画で落語界オールスターだ!

 上方落語協会主催のファン感謝イベント「第19回彦八まつり」(9月5、6日大阪・生國魂神社)の制作会見が21日、同所で行われた。今年の目玉は、実行委員長を務める桂あやめ(45)が自ら監督を務める新作映画「あなたのためならどこまでも」(6日上映)。師匠のためならどこまでもついて行くという弟子の姿を描いた作品で、あやめは「上方落語のオールスターキャストがそろう作品になると思います」と力強く話した。

桂あやめ 映画で落語界オールスターだ!/芸能・社会/デイリースポーツonline



桂三枝「彦八まつりにいらっしゃ~い!」…9月・生国魂神社

 8月18日には、天満天神繁昌亭の夜席で「09彦八まつりにいらっしゃ~い!」と題したプレイベントを開き、まつりへの来場を呼びかける予定。なお、繁昌亭の入り口には21日からドライミストが設置され、三枝が「暑い日も涼しく感じていただけるのでは」とPRした。

桂三枝「彦八まつりにいらっしゃ~い!」…9月・生国魂神社:芸能:芸能・社会:スポーツ報知大阪版



先人の残した業績を受け継ぎ、さらに深めていく、と言うことが伝統芸能の重要な部分に違いありません。

ですから、落語でも偉大な先人にちなんだイベント、というのはもちろん大事ですし、

それが現役の落語家たちに演ずる機会やファンと触れ合う機会を作るならなおさらのことです。


上方落語のオールスターキャストがそろう作品、と言うのはどんな物になるのか楽しみですね。


桂あやめさんには大役がんばって欲しい物です。



彦八まつり(ひこはちまつり)とは、上方落語協会が年に一度、9月の第1土曜日と日曜日に生国魂神社で開催する、ファン感謝イベント。江戸落語の「圓朝まつり」は、落語家が身内で行っていた圓朝忌を、彦八まつりを参考にして一般開放したものである。

「上方落語の始祖」米沢彦八の功績を称え、上方落語の伝統を身近な人々に広くアピールする目的から、6代目笑福亭松鶴の命日にちなみ、1990年9月5日に生国魂神社での「彦八の碑」建立を機に、1991年より開催されている。その後「松鶴の命日に開催するなら松鶴一門だけでやれ」と他の一門から苦情が出た為現在は9月の第1土曜と日曜に変わった。 落語家以外のゲストが来場することもある。
彦八まつり - Wikipedia より引用




米沢彦八ってぇ人は・・・
落語入門 東京・上方、笑って楽しく:落語の歴史

まあ、つまり今の落語の創始者じゃないか、と言われている人(のひとり)らしいです。

スポンサーサイト


Secret

TrackBackURL
→http://upupup1002.blog94.fc2.com/tb.php/24-84bcefd8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。