] 落語大好き一家の日記 ・・・毎度馬鹿馬鹿しいお笑いを! 金髪豚野郎?(笑)いや、やはり落語は天才。春風亭小朝
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


金髪豚野郎?(笑)いや、やはり落語は天才。春風亭小朝



 


今、話題の人(笑)


金髪豚野郎、なんてもの凄い言葉が飛び交ったりしていましたが(笑)


さすがに落語はすばらしい。


まちがいなく天才。近い将来の大名人、ですね。


よく考えられた噺の構成に、


時事的なギャグも交えて、


一気に語りきってしまいます。


 


ただ、すごいなあ、とは思いつつも・・・


 


なんだかね、志ん生や文楽を落語を聴いたとき、


あるいは志ん朝や小三治の落語を観たときの


無条件で面白かった、と言う感じとちょっと違った後味が残ります。


 


何か余分な物がずいぶんくっついてるなぁ、と言う感じ。


と言うか、語りすぎ、なのかも。

ちょっと贅沢なのかも知れませんが、


小朝さんならもっとすごいレベルにいけるんじゃないか、と思うんです。


もっと贅肉をそぎ落として、


もっと自然な間や緩急・・・


そう、音がない「間」に語らせることができれば・・・


そうなったとき、たぶんこの人は過去の名人たちを超えた存在になっていくのでしょう。


 


ま、ともかく小朝さんの他の噺ももっともっと聴きたいですね。


 

スポンサーサイト


Secret

TrackBackURL
→http://upupup1002.blog94.fc2.com/tb.php/9-30899fe7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。